シミになる前に対策を!作業服についた草汚れを落とそう!

作業服に沁み込んだ草の汁が落ちにくい理由

作業服を着て屋外で作業を行うと様々な汚れが付着します。中でも草汚れと称される、草の汁が沁み込んだ汚れは洗濯しても落ちにくいのが問題です。草の汁は品種ごとに成分が異なる他、汚れになって作業服に付着する際は複数の品種の汁が混ざり合うのが普通です。そのため、家庭での洗濯では完全に取り除くのが非常に困難になります。また、草の汁には衣類の生地を染める成分が含まれているのもシミになりやすい理由の一つです。草の汁が付着すると見栄えが悪いだけではなく、含有成分の作用で生地が傷み、ほつれが生じやすくなる可能性もあります。厚手の生地で作られた作業服も例外ではなく、沁み込んだ草の汁の作用で生地が劣化して穴が開くことも珍しくありません。

草の汁を家庭での洗濯で除去する方法

草の汁は一度沁み込むと普通の洗濯では完全に取り除くことは困難なので諦めがちです。しかし、汁の成分の特徴を理解することで、家庭で行う洗濯でも痕跡を残さない程に洗い流すことが出来ます。草の汁を綺麗に洗い流すには油が多く含まれる汚れを取り除くのが効果的です。草の汁には油に溶けやすい成分と水に溶けやすい成分が混在しています。そのため、綺麗に洗い流すためには成分ごとの特徴に沿った方法で洗濯を繰り返すことが大切です。油に溶けやすい成分を洗い流した後で水に溶けやすい成分を対象にした洗濯を行うのがシミの形成を防ぐための工夫です。万が一、シミが出来てしまった場合は少量の漂白剤で色素を脱色させるのが良い方法ですが、生地の色素も分解されるので慎重に扱うのが作業服の見栄えを損なわないための注意点です。