洗濯前の一手間!作業服をつけ置き洗いしてみよう!

砂、切粉などの固形物は服を傷めることに!

作業服には、仕事内容によって砂や切粉など固形物が付いていることがあります。この固形物というのが結構な厄介ものなのです。いきなり洗濯機に放り込むといいたことをしていないでしょうか?ちょっとお待ちください。叩いて落ちるようなものは外で落としましょう。特に、切粉は素手で触ったりすると切れたり刺さったりしてケガするので注意してください。砂や切粉など固形物は洗剤には溶けません。つまり、洗濯中には固形物は研磨剤となって服を削っていくことになります。多少の汚れだから普段着と一緒に洗ってもいいように思いますが、ここは一手間かけましょう。欲を言えば更に手間をかけてバケツにお湯を入れてあげると、汚れが浮き上がってきますよ。

泥汚れ、油汚れは濃縮洗剤で汚れ部分を中心に!

泥汚れや油汚れは、洗濯機に放り込んでとれる汚れではないことが多いです。特に油汚れは手ごわいです。洗剤で服から汚れが一旦落ちたかと思いきや、汚れ移りを起こして作業服全体に再付着してしまいます。汚れていないところも汚れてしまうのです。見た目にはきれいになったようでも、臭い嗅ぐと全体から油臭を感じるのは、そのためなのです。そこで一手間かけましょう。まず、汚れ部分を中心に洗剤をつけて大まかに落としてしまいましょう。それから、通常使っている洗剤の2倍の量を使ったつけ置き洗いで作業服の繊維の奥深くから汚れを引き出しましょう。次に汚れた液体をそのまま使用せずに捨ててしまいます。この時に、液体の汚れがひどいなら一度すすいでから洗濯機に入れましょう。

作業着の通販会社はいろんな現場での作業着を取り扱っています。サイズも豊富にあり、作業着を買うならそこを利用すれば良いです。