放っておくのは厳禁!作業服の油汚れはどう落とす?

帰宅したら「すぐにつけ置き」が肝心

油汚れは放っておくほど落ちにくくなります。自宅へ持ち帰ったらすぐに洗濯を始めましょう。ガンコな油汚れに効果的な方法は「つけ置き洗い」です。手順は簡単!40~60度くらいのお湯をつけ置く容器に張り、そこに洗剤を溶かします。あとは汚れた作業着を30分~1時間ほどつけて置くだけです。油は温めると溶け出して落ちやすくなるので、それを利用して作業着をキレイにしましょう。油が溶ける温度はその種類によって異なるので、色々な油が混ざっていれば出来るだけ高温のお湯を用意するといいでしょう。ちなみに機械油を落とすのに適した温度は50度前後とされています。この温度をキープできると更に効果的なので、容器を覆うフタのようなものがあるとベストです。汚れがある程度落ちたら、あとは普通に洗濯機を使います。

作業着の油汚れを落とす際の注意点

あらかじめつけ置き洗いをすると、洗濯機が汚れたり油のニオイが移ったりするトラブルも防げます。ただし、作業着の材質によっては高温のお湯の使用を禁止していることがあります。作業着が傷むのを防ぐため、洗濯表示は守るようにしましょう。高温のお湯を使えない場合は、ぬるま湯につけてブラシで汚れを擦ればある程度カバーできるでしょう。また油汚れの洗濯にはお湯が適しているとはいえ、洗濯機での洗濯にも高温のお湯を使うのはおすすめできません。というのは、日本製の洗濯機はお湯での洗濯を想定していないものが多いためです。故障してしまう恐れがあるので、洗濯機には水かぬるま湯を使ってください。つけ置き洗いでしっかり汚れを落とせていれば、水で洗濯しても十分きれいになるはずです。

作業服の通販では、オーソドックスなデザインの既製品から、機能面やクリーニングのしやすさなどにこだわったオーダー品まで入手できます。