作業服を洗濯機で洗うときの注意点とは?

作業服についた汚れは事前にある程度取っておく

作業服には業種によって、オガクズや他にも様々な汚れが付着していることがあります。汚れによっては事前に取っておくことが難しいものもありますが、そのまま洗濯機に入れてしまうとつまりの原因になってしまうだけではなくほかの洗濯物にも汚れが付着してしまうことがあるのです。
そうなってしまうと作業服だけではなく洗濯もの全体が洗い直しになってしまいますし、何度選択しても汚れが落ちないというトラブルになってしまう可能性も少なくありません。このため出来る限り作業服は洗濯機に入れる前に手洗いをして汚れを落としておくと、ほかの洗濯物を汚さずに洗濯機の故障も予防することが可能です。
場合によっては手洗いをしても汚れが落ちないため、ほかの洗濯物と分けて洗濯機に入れるようにすることも大切だとされています。

ファン付きの作業服は必ずファンを外す

他にも注意しなければいけないのが、ファン付きの作業服を洗濯機に入れる時にファンを外しておくことです。 空調機能がついているファン付きの作業服は便利である反面、そのまま洗濯機に入れてしまうとファンが故障してしまいます。さらにファンによってほかの衣類が傷つけられたり洗濯機そのものを破損してしまう可能性があるため、必ず洗濯機に入れる前にファンを取り外しておかなければいけません。 また何度も洗濯機に入れて洗うと素材そのものが縮んでファンが入らなくなってしまう恐れもあることから、作業服専用の洗剤を入れたり洗う頻度にも気を付けておくことが必要です。そして洗剤の選び方も素材によって異なるほか、他の洗濯物と一緒に洗えないものも多いので注意しなければいけないとされています。

会社の作業着をオリジナルなものにすると、団結感がうまれて社員間の人間関係が、良くなることが期待できます。